百歳までの「死生観」あなたならどう生きますか?

2015年7月18日


 

映画「のぼうの城」
忍城を攻めたのは石田三成

 

この時はギリギリ勝者?でしたが
後に関ヶ原の合戦で破れ・・・

 

処刑場に行く途中で湯を所望したが
「干し柿ならある」と言われ
「干し柿は痰の毒」と断った

「斬刑者が毒な物を食わぬとは」と
役人どもは笑ったが
三成は
「大義を抱く武士は本望を達せんと
    最後の瞬間まで一命を惜しむものだ」
          雑誌 歴史人より抜粋

H270718石田三成

という逸話は有名ですね

武将たちは
死によって来世に期待を抱いたが
現代人は
生きている今を楽しく過ごすことを第一に思い
嫌なこと苦しいことは出来るだけ避けて
どのように死ぬかはなおざりにしてきた

とも書かれています

読者に「死生観」を問おていますね

佐々木明宏

小栗旬の演じた三成はよかった

63歳の一級建築士の私が初めて書いた無料レポート
「マイホームのお悩み一発解消」見て感想を送ってね
http://www.rchomes.jp/optin/index.html

 


関連記事

  • メルマガ登録

    百歳までビジネスを続けたいあなたの為の無料メールセミナーの登録はこちら

    お名前
    メールアドレス
  • 記事の更新を受け取る

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグ



  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 広場@明るく元気に百歳だ~ All Rights Reserved.